【国試対策】全部覚えちゃダメ!?塾長が伝授するエコ記憶法

【国試対策】全部覚えちゃダメ!?塾長が伝授するエコ記憶法

こんにちは、井上です。

現在、私は国試塾ネクストステージの塾長として教鞭をふるっておりますが、塾生達のまじめな態度と成長速度に、毎回舌を巻く思いです。

しかし──。

暗記ものでも彼らは律儀に取り組んでいるのですが、いささかまじめ過ぎるところがあり、私などにしてみれば、時間とエネルギーがもったいないと思うわけです。

そこで今回は、最小限の努力で最大限の結果を得ることができる、エコロジーな記憶法を伝授しようと思います。


エコ記憶法とは

要領をかます勇気も必要。

まず例として、Barthel Indexを上げてみましょう。

セラピストなら誰もが知っている、ADLを評価するこのスケールは、10の大項目と30の小項目で構成されています。

──あなたは、この30項目をすべて覚えようとしていませんか?

それは律儀を通り越して要領が悪いというものです。

正直に言えば、全項目の半分も覚えれば、充分試験で解答が可能です。

さらにカットオフ値も覚えておけば、現場で実用的に用いることも可能です。

イレギュラー(少数派)から覚えよう。

では何から覚えるか──。

ざっと見て、大半の大項目は、10/5/0点の3段階。

それ以外は移乗と移動の15/10/5/0点の4段階と、整容と入浴の5/0点の2段階です。

まずはこのイレギュラー(少数派)大項目から覚えていきましょう。

もっともグレード数が多い移乗と移動ですが、これに対しては、ざっと全体に目を通したら、以下にあげた、5点、10点の2つをしっかり覚えます。

移乗

10点:車椅子のブレーキやフットレストなどの管理も含め部分介助や声かけが必要。

5点:座ることはできるが、移動は全介助

移動

10点:要介助もしくは歩行器を用いれば45mの歩行可能

5点:車いすであれば45mの移動可能

以上を押さえておき、自立なら15点、5点の動作未満なら0点と判断します。

整容、入浴はもっと楽に覚えられます。

自立は5点、それ以外は0点笑!

大半を占める3段階の大項目(10点満点)については、真ん中の5点の文言を押さえれば、問題ありません。


まとめ

どうですか、エコ記憶法──。

私があげた、30の小項目中12を覚えれば、全体の採点が可能になるんです。

たったの4割覚えるだけで、です。

エコ記憶法で浮いた労力と時間を、他の勉強に割り当てることもできるので、かなりおすすめです。

このイレギュラー(少数派)から覚えるやりかたは、他の暗記ものでも応用が利きますので、ぜひ活用してください!!

記憶法について私が話している動画もありますので、合わせてごらんください。

ではまた!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう