【今日の訪問一景】手話ができるPTにアップグレード中。。。

【今日の訪問一景】手話ができるPTにアップグレード中。。。

長い事セラピストをやっていると、聴覚障害の方の担当をすることもあります。

私が今担当しているのは、ご本人だけでなくキーパーソンである奥さんも聴覚障害のケースです。

訪問時間の変更などの連絡は、奥さんとLINEでやり取りできますが、ご本人はスマホに疎く、アナログ的な方法でしかコミュニケーションを取ることができません。

そこでホワイトボードとマーカーを用意して筆談を行っているんですが、これが意外とまどろっこしい。

 

「お疲れさまでした」「大丈夫?」「痛い?」「疲れた」「歩く」など、1回のリハビリで何度も使う言葉が手話で表現できるだけで、かなりストレスフリー。

そうなるとだんだん欲が出てくるもので、いろいろな手話を覚えたくなるのが人の常。

今では1回の訪問につき、手話を2、3教えてもらっています。

ただ覚えるだけでなく、なぜその手の動きなのか、意味を考えながら覚えていくのも結構楽しいです。

家に帰ってからはネット動画でおさらい。

知ろうと思えばネットですぐに調べられるので、本当に便利ですよね。

今は手話で冗談が言えるようになることが目標です!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

若手セラピストと学生セラピストを応援するコミュ

CTA-IMAGE 新しい職場や実習での悩み、スタッフや患者さんとの人間関係の悩み相談の他、これからのリハビリ業界で必要とされるための道筋を共に模索していきましょう!